スタッフブログアパートマンション修繕・外壁塗装・防水工事に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

梅雨の時期に多い雨漏りトラブルについて

防水工事・雨漏り 2023.07.02 (Sun) 更新

こんにちは。

リペアウィズの谷川です。

 

梅雨の時期いかがお過ごしでしょうか?この梅雨の時期は得に、建物の雨漏りトラブルが多発しております!

梅雨の季節は、増える降雨量や高まる湿気の影響などにより、建物に様々なトラブルが発生しております。

大切な資産を保護し、安全な環境を提供するために、予防措置を講じることが重要です。

今回は、梅雨時期に起こりやすい雨漏りの原因と、それに対する対策をご紹介します。

 

原因① 屋根の劣化

梅雨の降雨により、築年数の古い屋根や劣化で傷んだ屋根の防水性能が低下し、雨漏りのリスクが高まります。

また、強風による瓦の破損や屋根材の浮きも原因となることがあります。

【対策】

  • 定期的な屋根の点検を行い、損傷や劣化箇所を早期に発見しましょう。
  • 屋根材の修復や補修が必要な場合は、信頼できる専門業者に依頼してください。

原因② 排水溝や雨樋の詰まり

落ち葉や砂、泥、苔、ゴミなどにより、排水溝や雨樋が詰まることで雨水の流れが阻害され、円滑に排水ができなくなり、雨漏りの原因となります。

【対策】

  • 梅雨の前や晴れた日に、排水溝や雨樋の清掃を行って詰まりを防ぎましょう。
  • 特に樹木の周辺にある排水溝や雨樋は、注意深く確認をしてください。

原因③ シーリングやコーキングの劣化

シーリングやコーキングは、雨水や湿気が建物内部に侵入しないよう保護する重要な役割を果たしています。しかし、時間と共に劣化し、ひび割れや剥がれが生じることがあります。そこから水が建物内部に侵入し、雨漏りの原因となってしまいます。

【対策】

  • 定期的にシーリングやコーキングの状態を確認し、必要に応じて修復をしましょう。
  • 高品質なシーリング材を使用することで耐久性を向上させることも重要です。

原因④  窓やドアの不良

窓やドアに不良がありますと、そこから雨水の侵入があり雨漏りの原因に繋がることがあります。特に強い風や豪雨の際には隙間などから水の侵入が高まります。

【対策】

  • 窓やドアの隙間を注意深く点検し、必要に応じて調整や補修、交換を行いましょう。
  • 防水テープやシーリングストリップを使用して、隙間を埋めることも効果的です。

雨漏りを放置してしまうと…

雨漏りを放置してしまうと、建物の下地の木材が腐食してしまい、カビやシロアリの発生に繋がります。

大きな欠陥となってしまうと当然、多額の工事費用が掛かってしまいます…

そうなる前に、

建物の定期点検を行い、損傷や劣化箇所を早期に発見しましょう。

修復や補修が必要な場合は、信頼できる専門業者に依頼しましょう。

弊社では、雨漏り診断士の資格保持者がいます。

雨漏り以外にも建物のトラブルがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

●分からない事やご不明点などございましたら、リペアウィズまでお問合せください。
アパートマンション修繕・外壁塗装・防水工事の専門スタッフがお客様のお悩みや不安を一緒になって解消できるようアドバイスさせていただきます。

ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。

アパートマンション修繕専門店リペアウィズ

お問合せはこちらから↓

0120-979-219