スタッフブログアパートマンション修繕・外壁塗装・防水工事に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

大規模修繕での外壁塗装とは?目的や塗料の種類などについて解析!

塗装の豆知識 2023.04.30 (Sun) 更新

マンション・アパートの外壁塗装は、建物の美観、耐久性、資産価値などに関わる重要なメンテナンス作業です。

外壁塗装が剥がれたり、色褪せたりすると、建物の印象が悪くなり、住民や来訪者に不快感を与えることがあります。また、外壁塗装が劣化してしまうと、建物自体にも損害が及ぶ場合があり、修繕費用がかさむ可能性があります。

そこで本記事では、マンションの外壁塗装についてメンテナンスの重要性や、外壁塗装の種類、などについて説明します。

 

外壁塗装を行う重要性とは

マンションの外壁塗装をすることには、様々なメリットがあります。代表的なものをいくつかご紹介します。

美観の向上

外壁塗装は、建物の見た目を大きく変えることができます。劣化していたり、色褪せたりした外壁を新しい塗料で塗り替えることで、建物全体の美観を向上させることができます。また、外壁塗装によって、周囲の景観に対する影響も大きく変わり、周囲の住民や来訪者に好印象を与えることができます。

機能回復・耐久性の向上

外壁塗装は、建物を外部からのダメージから守る役割があります。建物の外壁には、風雨や紫外線、酸性雨などの外部からのダメージがあります。適切な塗料を選んで塗り直すことで、建物の耐久性を向上させ、外部からの影響を抑えることができます。また、適切なメンテナンスを行うことで、建物の寿命を延ばすことができます。

省エネ効果の向上

適切な塗料を選ぶことで、外壁塗装は建物の省エネ効果を向上させることができます。特に、夏場の冷房費用を減らすためには、外壁塗装が重要です。適切な塗料を選ぶことで、太陽光を反射し、建物内部の温度上昇を抑えることができます。その結果、冷房費用を減らすことができます。

建物の価値向上

壁塗装は、建物の価値を向上させることができます。美観の向上、耐久性の向上、省エネ効果の向上などによって、建物の価値が高まるため、将来的に売却する場合にもプラスの影響を与えることができます。

外壁塗装の種類とは

それでは外壁塗装に使われる塗料について説明していきます。現在、様々な性能の種類の塗料があります。一般的に塗料の耐用年数と価格は比例しています。今回は代表的な塗料の種類とその特徴や耐用年数などについてご紹介します。

アクリル塗料 耐用年数:約5~7年

昔はアクリル塗料が主流でした。アクリル塗料は、比較的安価でありながら、施工性が良く、防水性や耐候性にも優れています。また、色の種類も豊富で、美しい外観を実現することができます。ただし、耐久性はそれほど高くありませんので、数年おきに塗り直す必要があります。

ウレタン塗料 耐用年数:約8~10年

ウレタン塗料もアクリル塗料と同様に以前は主流でした。アクリル塗料に次いで安価な塗料です。光沢感があり、ひび割れが発生しにくい特徴があります。紫外線に弱く汚れが付着しやすいなど、環境により劣化がしやすい塗料でもあります。こちらも数年おきに塗り直す必要があります。

シリコン塗料 耐用年数:約10~15年

現在最も多く使われているのがシリコン系塗料です。シリコン塗料は、耐候性や防水性に優れているため、長期間にわたって効果を発揮します。また、塗膜の柔軟性が高いため、建物が微妙に変形することに対しても耐えることができます。ただし、アクリル塗料に比べて価格が高いため、コスト面での検討が必要です。

フッ素塗料 耐用年数:約15~20年

フッ素塗料は、シリコン塗料に比べて耐候性が高く、色あせや汚れがつきにくいことが特徴です。また、UVカット効果も高く、建物の内部を紫外線から守ることができます。ただし、シリコン塗料に比べて価格が高いため、コスト面での検討が必要です。

セラミック塗料 耐用年数・約15~20年

セラミック塗料とは、セラミックを含有した塗料の総称です。従来の塗料に比べて高い断熱効果を発揮するため、省エネ効果が期待できます。また、紫外線や酸性雨に対する耐性も高く、長期間にわたって効果を発揮します。ただし、価格が比較的高いため、コスト面での検討が必要です。

 

塗り替えのタイミング

大規模修繕における塗装の塗り替えタイミングは、建物の状態や使用環境、塗料の種類によって異なりますが、一般的には、15年から20年程度での塗り替えが推奨されています。

大規模修繕では、外壁塗装だけでなく、屋根塗装や防水工事なども含まれるため、塗り替えの頻度が一般的な外壁塗装よりも長くなる場合があります。また、建物の外観や機能性を維持するためには、早めに塗り替えを行うことが重要です。

大規模修繕では、塗装の塗り替えだけでなく、建物の検査や修繕、改修工事なども行われるため、計画的な管理が必要です。定期的な点検やメンテナンスを行い、建物の状態を把握することで、適切なタイミングでの塗り替えを行うことができます。

また、大規模修繕においては、耐震性や断熱性の向上など、建物の機能性も向上させることができます。そのため、塗装の塗り替えだけでなく、建物全体の改修計画を立てることで、より長期的な視野での管理が可能になります。

 

●分からない事やご不明点などございましたら、リペアウィズまでお問合せください。
アパートマンション修繕・外壁塗装・防水工事の専門スタッフがお客様のお悩みや不安を一緒になって解消できるようアドバイスさせていただきます。

ご相談は無料ですのでお気軽にお問合せください。

アパートマンション修繕専門店リペアウィズ

お問合せはこちらから↓

0120-979-219