スタッフブログアパートマンション修繕・外壁塗装・防水工事に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

大規模修繕でのクラックの放置は危険?クラック補修・タイル補修の必要性

大規模修繕の豆知識 2023.08.20 (Sun) 更新

藤沢市のマンション・アパート修繕専門店の谷川です。

マンションやアパートの大規模修繕は、建物の寿命を延ばし、入居者様の住みやすさを保つために不可欠な工事です。

その中でも特に重要なのが、建物の外壁や屋根に生じるクラック(ひび割れ)やタイルの劣化に対する対策です。

タイルは耐久性が高い外壁材ではありますが、メンテナンスフリーではありません。

この記事では、大規模修繕におけるクラックの放置がもたらす危険性と、クラック補修・タイル補修の必要性についてお話していきます。

 

大規模修繕において、クラック補修・タイル補修が必要な理由・放置は危険!?

建物の外観や構造は、風雨や気温の変化、地震などの外部要因によって日々影響を受けています。そのため、大規模修繕を行う際には、クラック補修やタイル補修といった作業が不可欠です。

それらの作業がなぜ必要なのか、放置するとどうなるのか、説明いたします。

クラック補修の必要性

建物の外壁や内壁に生じるクラックは、放置すると様々な問題を引き起こす可能性があります。例えば、雨水や湿気がクラックから侵入し、内部の構造材料を腐食させたり、カビの発生を促進したりすることがあります。また、地震などの自然災害が発生した際には、クラックが拡大し、建物の安定性に影響を及ぼす可能性があります。早期にクラックを補修することで、これらの問題を未然に防ぎ、建物の耐久性と安全性を保つことができます。

写真は室内や外部などにあるクラックの例です。

コンクリートの中性化や劣化で基礎の表面にひび割れが発生し、放置するとそこから錆びた鉄筋が膨張して露出した状態「爆裂現象」です。

 

鉄筋がむき出しになり錆びている状態は、鉄筋自体の劣化が激しく進んでいる証拠です。建物の耐久性に大きく影響を及ぼす危険な状態です。

鉄筋が劣化してしまうと、建物を十分に支えることができずに、倒壊や他の箇所へのダメージにつながりかねません。

 

 

タイル補修の必要性

外壁に使用されるタイルは、外部環境の影響を受けやすい部分です。タイルが剥がれたりひび割れたり浮いていたりすると、雨水が侵入しやすくなり、建物内部への損害が広がる可能性があります。また安全面では、外壁タイルなどの落下により歩行者等を守るため外壁打診検査も義務化となりました。

タイルの劣化は建物の美観にも影響を及ぼし、その結果、資産価値が低下する可能性があります。定期的なタイル補修や交換によって、外壁の美観を保ちつつ、建物の寿命を延ばすことができます。

 

写真はタイルの劣化、浮き、ひび割れの状態です。

こういった状態を放置してしまうと、そこから空気や雨水が入り込んで内部腐食に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

タイルの浮き・剥離は、とても危険な状態です。近年、タイルが落下し通行人に負傷させてしまったり死亡事故に繋がったケースもあります。

放置するのはとても危険です。

最後に…

どんな外壁材でもメンテナンスフリーの物はありません。

定期的な点検をし、修繕計画を立てていくことはとても重要です。

クラック補修やタイル補修は、外部要因から建物を守るために不可欠な作業であり、将来の問題を予防するためにも欠かせません

専門家のアドバイスを受けながら、適切な補修方法を選択することで、建物を安全に長持ちさせ、快適な住環境を維持することが可能です。

 

●修繕においてご不安なこと・ご不明点などございましたら、リペアウィズまでお問合せください。
アパートマンション修繕・外壁塗装・防水工事の専門スタッフがお客様のお悩みや不安を一緒になって解消できるようアドバイスさせていただきます。

ご相談やお見積りなど無料ですのでお気軽にお問合せください。

アパートマンション修繕専門店リペアウィズ

お問合せはこちらから↓

0120-979-219